Blog

無職後輩K vol.3

投稿日時
カテゴリー
Blog

※読者の皆様へのお願い

以下の文章は根本的に僕が後輩Kを信頼しているという前提の元、

楽しく読んでいただけると助かります。

皆様のご協力、よろしくお願いします。

 

では、本編を読み進めていきましょう。

 

ここ数日の後輩Kはすごぶる間が悪い。

 

せっかく後輩Kに紹介したい人が

ふらっとKYOTOLABに立ち寄ってくれても

後輩Kは間が悪いのでその場にいない。

 

この数日で仕事を紹介してくれそうな社長が

少なくとも三人は立ち寄ってくれたというのに、

後輩Kはそこにいない。

 

そんな後輩Kについて僕はどう判断すべきなのだろう。

 

あまりに後輩Kの間が悪すぎて、

ん?俺が悪いのか?とすら考えてしまう。

 

間というのは運みたいなものなので、

仕事の能力とは直接関係ないのかもしれないが、

 

これから会社を立ち上げ、自分の力でのし上がっていくと決めた、

この最初のタイミングでそんなに間が悪くて本当に大丈夫なのだろうか。笑

 

色んな意味で僕は心配だ。

 

後輩K、サラリーマンに引き返すなら今のうちかもしれない。

 

という、冗談はさておき、、、

 

今、3月27日の夕方。

僕は夕食を取る前に

KYOTOLABで一人この文章を書いている。

 

先程、S社長から連絡があり、

明日28日の早朝6時半から後輩Kの初めての仕事が決まった。

 

解体現場での作業を任されることになったのだが、

彼はこの早朝から行われるハードな肉体労働を

バックレることなくこなすことが出来るのだろうか。

 

そもそも朝、起きることは出来るのだろうか。

目覚ましの設定の仕方は知っているのだろうか。

ママに起こしてもらうことなく、自分で起きたことはあるのだろうか。

 

ここからさらにギアを上げ、

仕事に打ち込み、己に打ち克ち、殻を破っていくことが出来るのだろうか。

 

僕の予想では、

たぶん

出来ない。笑

 

ハードな仕事はバックレ、

仕事に打ち込みもせず、

己に打ち負け続け、

殻には殻をかぶせて分厚い鎧にして

その中で小さく縮こまってしまう。

 

それが後輩Kという男なのだと、僕は思、、、。

 

いや、

これ以上、

勝手な予想をするのはやめておこう。

 

続きはまた明日、

また仕事から帰ってきた後輩Kを見ながら

また皆様にご報告が出来ればと思います。

 

Dear readers,

Please enjoy our story standing on the premise that I trust my friend K entirely and we had built our good relationships. Please do not misunderstand that I am teasing him.

 

Well then, let me be a storyteller.

 

These days, My friend K has a bad timings.

 

When the person who I want to introduce K came unexpectedly, he unfortunately was out.

 

Everytime the business owners who can arrange him a job came, he’s not there. He has lost these good opportunities at least 3 times.

 

I wonder how should I consider K who has such a bad timings.

 

These were so bad timings that I even feel it might be my fault.

 

Timing also means a luck or fate, so it might have no relevance with his abilities itselfs.

 

However, now he decided to make his own business and rise in the world by himself. I concern he’s really okay with such a bad lucks.

I worry about him in various ways…

 

Hey K, this might be the last chance to turn back to a salesman.

 

Forget about this joke above.

 

I3/27, at evening.

I am writing this article alone at here KYOTOLAB before dinner.

 

Few moments ago, president S called me and K’s new job was determined.

 

He’s gonna be a worker at demolition site, I wonder he could endure this tough work starts from early in the morning, without running away.

 

My prediction, is No.

 

He used to run away from tough job, doesn’t commit hard into job, couldn’t beat his weakness, make a small cocoon, and drew back into it.

 

That’s what K is, I thin…No, I shouldn’t carry out such a silly and cruel prophecy, but hope him a luck.

 

Today is like this.

I’m looking forward to report you readers, about K who will be back from his job tomorrow night.