Blog

無職後輩K vol.2

投稿日時
カテゴリー
Blog

 

3/24日。

無職で無能な後輩Kが「KYOTOLAB」にやってきて9日が経過した。

ここに来てからの感想を一言で表してくれと頼んでみたところ、彼は一言、こう答えた。

 

「充実!!」

 

あ、そうなんや、、。

充実してたんや、、。

へー。

 

である。

 

本人が充実していると自信を持って答えているのだから、他人がそれに対してどうこう言うべきではないのだろう。他人がどこで何を言おうが、どう思おうが、本人が幸せを感じて日々を生きている、それ以外に何を求めることがあるというのだ。

 

この文章を僕が書いている隣で彼はAK-69の「with you」をイキイキとした表情で熱唱している。

 

そんな彼を横目で見ながら、僕が高校生の頃、同級生にとんでもないお金持ちの子供がいて、その彼の父親と食事をしたときの会話を思い出した。

 

「何も持っていないやつほど持っていることを他人にアピールしたがる」

 

彼は今、歌を歌いながら何も持っていない自分の現状を心の奥底へと押し込み、心の鍵をかけ、必死に「今、俺は幸せだ!」と思い込もうとしているのかもしれない。そう考えて、AKを熱唱している彼を見ていると、僕は朝からなんだか少し切ない気持ちにさせられてしまっている。

 

もしタイミングがあれば、切ない気持ちになりたい人のために「無職後輩Kの空元気」という名でyoutubeのアカウントを作り、彼の歌っている姿をアップロードしてみよう。反響はないかもしれないが、きっと一人か二人の心に深く突き刺さることになるかもしれない。

 

3/24.

9 days have passed since jobless/useless friend called K came to here KYOTOLAB.

I asked him to describe his recent feelings at this place in a short words. Then he replied shortly, “Fulfilling days!”

 

Oh, so…

You’re feeling fulfilled at here…

I didn’t know.

 

He says he feels fulfilled himself. So nobody can deny his feelings. What else can we want any more   when we live everyday with happiness? No one can complain how he feel.

 

He is singing a song lively beside me. The song called “with you” by AK-69.

 

Seeing him aside, I remembered a words. The words were spoken by the extremely rich man who is father of my friend.

“The man who has nothing tend to appeal to have something.”

 

He might be trying to hide his reality of have nothing deep behind  his heart, to lock his heart up, and to think “I’m happy now!!”. Observing him singing, with this thought, I am feeling a bit little pity.

 

If I had a good opportunity, I will create a youtube account called “The Fake Cheerfulness of Jobless K “, and upload his singing for the people who wants to feel pity. It might get no reaction, but it also might impress 1 or 2 persons deeply.